Home > スポンサー広告 > XHTML Template List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > XHTML Template List

Home > Archives > XHTML Template List

XHTML Template List

  • Posted by: Black vicuna
  • 2008-04-19 Sat 23:08:34
  • Archives

Fc2.Vicuna XHTML Templateを公開しています。
ダウンロードしてご利用下さい。最新のTemplateがお勧めです。
 *IEの方はXHTMLソースを右クリックし 対象をファイルに保存 →拡張子を「任意の文字列.txt」にしてダウンロードしてください。

Vicuna3.2 XHTML

2010- Wikuna3.1XHTMLをベースにBlackvicunaが作成した次ページ対応 XHTML Template

追加仕様

基本的にはWikuna3.1XHTMLと同じです。

次ページ対応

トップ・カテゴリ・アーカイブス等で次ページの利用が可能です。
それにともない、次ページで起こる表示ズレ対策として、その他ページのbody class"individual"を"mainIndex"に変更しました。

プラグインON部分のメニュー構成

プラグインONで表示されるのは、naviにプラグイン1、othersにプラグイン2・3が表示されます。

Vikuna3.1 XHTML

2010- Wikunaが配布していたプラグインON/OFF対応のWikuna XHTML Template

追加仕様

全件タイトル表示ページ

タグクラウド

検索ページ、タグ検索ページ、全件タイトル表示ページのインフォ部分をmt.Vicuna 2.2.1 for MT4.2x風に変更

プラグインON/OFFに対応

全件タイトル表示について

XHTMLソースコードの中ほどにあるから18行目辺り、Cd=Cd+0 の0とある部分がコメント表示件数の数値になっています。
管理画面 > 環境設定の変更 > ブログの設定 > コメントの設定 の最新コメント表示部分に書かれてある表示件数の数値と入れ替えてください。
最新コメント表示が0のままで構わない場合は0と入力し 更新 を押してください。表示件数が1になれば設定完了です。

検索用キーワード

head内要素のキーワード部分にあなたのブログの検索用キーワードを入れてください。必要ない場合は削除してください。

プラグインON部分のメニュー構成

プラグインONで表示されるのは、naviにカレンダーとプラグイン1、othersにタグクラウドとプラグイン2が表示されます。

Vicuna2.1 XHTML

2008-2010 Black Vicunaで独自に配布していたXTHML

追加仕様

全件タイトル表示ページ

コメント編集機能

プラグイン対応(Vicunaプラグイン+Fc2プラグインカテゴリ[1] [2] [3])

Vicuna2.0 XHTML

2008-2010 Black Vicunaで独自に配布していたXTHML

追加仕様

全件タイトル表示ページ

コメント編集機能

プラグイン対応(Vicunaプラグインは削除+Fc2プラグインカテゴリ[1] [2] [3])

Vicuna1.0 XHTML

2007-2010 旧Fc2.共有テンプレート。現在のFc2.Vicunaの基本となったXTHML

仕様

プラグイン対応(Vicunaプラグイン+Fc2プラグインカテゴリ[3])

XHTMLソースの適用方法

  1. [Vicunax.x XHTML Source] から、XHTMLソースコードをコピーします。
  2. IEの方はXHTMLソースを右クリックし 対象をファイルに保存 →拡張子を「任意の文字列.txt」にしてダウンロードしてください。同じくXHTMLソースコードをコピーします。
  3. Fc2 blog 管理画面 > 「テンプレートの設定」から編集画面に進みます。
  4. HTMLソースの編集欄に、XHTMLソースを上書きして更新ボタンを押して完了です。

Home > Archives > XHTML Template List

Tag Cloud
Vicuna

Vicuna CMS

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。